ニキビ

【愛用歴7年目】リプロスキンの体験談 ニキビ跡に効果はあるのか?

アイキャッチ画像

『何を使ってもニキビ跡が治らない…』

『ニキビを潰して色素沈着してしまった…』

『ニキビ跡・赤みを治すにはどうしたらいいのか…』

『レーザー治療以外で治したい…』

 

この記事を読んでいる【あなた】に質問です…

上記の項目で…

思いあたる節』はありましたか・・・?

思いあたる節が『1つ』でもあれば、この記事はきっと『少しはあなたの役になる』と思います。

 

 

いちま
いちま
はじめまして。当サイトの運営者の『いちま』です。

この記事では、ニキビ跡専用化粧水『リプロスキン』について紹介しているんですが、ニキビに悩む方の役に立つように、記事を書いているという目的もあります。

いちま
いちま
そこで、少々自分語りの過去のことを話すので、もう少しだけ少々お付き合いください。

 

まず初めに、この記事は以下の内容で全体を構成しています。

  • 死にたいと思うほどニキビが酷かった過去
  • リプロスキンとの出会い
  • ニキビ跡に効果があると言われるリプロスキン
  • 7年間使用したリアルな体験談

 

早速。いきなりそうそうに【切り込み】ますが…

ニキビが酷過ぎて【死にたい】って思ったことはありますか?

鏡を見た時に、自分の顔がニキビだらけで泣いたことはありますか??

僕は過去に何度もあります。ほんとに嫌な思い出です(笑)(笑)

ちなみに、僕の詳しいプロフィールは下記の記事を読めばわかるんですが…

アイキャッチ画像
僕はブログを通して、誰かの【人生】に影響を与える人間になりたい!あまり、自分のことについて語るブロガーさんがいないので、ガチでプロフィール記事を書いてみました。圧倒的文章量になってしまったんで、まさにひとつの【人生物語】となっています。...

 

僕、現在21歳で、ニキビには『小学生』から悩まされてきています。

 

元々、ニキビのできやすい体質なので、今でもニキビはできるんですが…

昔に比べたらそこまで急激に悪化したりすることもなく、ぼちぼちできるって感じですかね。

まあ、うまく言えば…

『ニキビとうまく向き合えるようになった感じです(笑)』。

ちなみに、僕がこれまで経験してきたニキビの原因については、下記の記事でまとめてますんで!

【ニキビ歴11年目】の僕が語る ニキビの原因と治し方【21選】 早速ですが、この記事では以下の内容で書いています。 ニキビができる原因 ニキビの治し方 の...

 

えっと、、話を戻しますが…

リアルに、当時はニキビが酷くて、すっごい悩んでいました。

もう・・本当に何度もニキビが嫌で死にたいって幾度と思ったことか…

特に小・中学生の時が自分史上一番荒れていた時期でしたね~

思春期でもあったため、周りの視線も気になり、なおさら地獄のような時もありました。

さてさて、ここまでの話で、僕がどういう人物かだいたいイメージしてもらえましたでしょうか?

だいぶ前置きが長くなりましたが、本題に入りたいと思います。

 

死にたいと思うほど『ニキビが酷かった過去』について

当時中学生だった時の僕。背番号は④です。

 

今から話すことは、僕が当時ニキビがもっとも酷かった小中学生の内。6年前の中学生だった時の話をします。

中1・中2の時期は、それほど荒れてはいなくて、比較的落ち着いている方でした。でも、中3から一気にヤバくなったことがあって。

なんというか、急激に大量発生したのに加えて、ただのニキビではなくて『化膿したニキビ』まで悪化するものまで発生したんですよ。

そん時は結局病院には行かず、『化膿ニキビ』は潰れて終わったんですが…

後々後悔するはめになりました。

ご存知の方も多いと思いますが、潰れると『ニキビ跡になりますよね?』

まさにそう、ニキビ跡ができたんです。

『色素沈着』や『クレーター』といったものだったりですね。

で、結果的に中3の時は、そんな感じのことを何回も繰り返していました。

当時は本当にヤバかったです。リアルに…

 

そんなこともあったんですが、『ニキビの悩み』ってニキビがある人にしかわからないし。

ニキビができたことないやつに同情された時なんて、くっそ腹が立ちませんか?(笑)

実際、中3の時はそんな感じでした。

なので、結構頻繁にマスクをして生活してたと思います。

 

ほんで!

ここからが、問題なんですよ。

今までは『プロアクティブ』を使ってたら、どうにかなっていました。実際小学生の時に初めてニキビができて、死ぬほど荒れた時も『プロアクティブ』を使ったらよくなりました。

けれど、ある日から効果が薄くなって、中3の時に爆発的に悪化した感じです。

今回は今までとは違って、赤ニキビとかもあったのはあったんですが、それよりもニキビ跡や色素沈着の方が酷くて、俗にいうニキビ後の方を悩んでいました。

 

たぶん…当時。色々ネットなんかで【ニキビ跡治し方】【ニキビ跡効果のあるもの】【ニキビ原因】って色々調べてたと思います。(当時はスマホ持ってないので、家のPC)

でも、なかなか見つからなくて、途方に暮れていた感じで…

鏡で自分の顔を見る度には、泣いていました。

 

けど、そんな僕でも『希望をもてる出会い』に巡り合えたんですよね。

それが、『リプロスキン』です。

 

『リプロスキン』との出会いが悩みを解消する起点に!

6カ月分のリプロスキンの空

 

来る日も、来る日も苦しんだ末、見つけ出したのが『リプロスキン』です。

今でこそリプロスキンは、2014年の当時僕が中学生だったころに比べ、かなり有名になったと思います。

それもあってか、わりかし調べたらすぐにでてきます。

でも、当時は結構見つからなくて、ひょっこり出てきた感じです。

で!

僕が、なぜ『希望をもてる出会い』になったと言っているのかというと…

『ニキビ跡や色素沈着に効果のある化粧水だったからです。』

僕は、商品説明や口コミを調べるやいなや、すぐさまお母さんに頼みました。(笑)

で、結局購入して使ってみることになって、本日で7年目を迎えるわけです。

これが、僕が『リプロスキン』と出会うまでの経緯と使う動機にいたった理由です。

 

そもそも『リプロスキン』とは

リプロスキンを読者の方が知っている前提で、話を進めて来ましたが…

知らない人のために、まずそもそも『リプロスキン』とは何なのか?

軽く説明いたします。

 

まず『リプロスキン』とは、株式会社ピカイチという新潟市に本社を構える通信販売の化粧品、雑貨メーカーが35年の研究の末に開発した『ニキビ跡専用化粧水』です。

また一般的に『リプロスキン』とはニキビによる赤らみ、凸凹、黒ずみをケアする大人ニキビとニキビ跡専用のスキンケアシリーズでもあり…

単に保湿と消炎をするだけでなく、ニキビができてしまいガチゴチの肌を元の柔軟性のある肌へ導く効果もあります。

つまり、やわらかく健やかな肌のために独自技術で浸透性に着目して開発された『化粧品』です。

色々な部門でも1位を獲得したり、芸能人も結構使ってる人が多く。とにかくすごい実績と信頼を構築している『ニキビ跡専用化粧水』であることは間違いないかと思います。

 

リプロスキンは『赤み・色素沈着・ニキビ跡』に効果はあるのか?

\ 化粧水が何とか部門で1位を獲得! /

とか、ぶっちゃけそんなのはどうでも良くて。

いやどうでも良くはないですけど、知りたいことって『本当に効果あるの?』

そこだと思うんですよね。

本当に『ニキビ跡や赤み、色素沈着』に効果があるのか?

ニキビに悩む僕らからしたら、一番知りたいのはそこだと思います。

あと、成分の説明とかを化粧品メーカーに限らず、薬などでもアピールしてくると思います。

でも正直成分がどうとかこうとか言われても医者じゃないし、そんなのわかんないので『結果。それを使ってどうなるのか?』

そこだけ知れれば、いいわけです。

なんで、使用している人の口コミを載せときます。

 

はじめに言っておきますが、口コミとかは『正直あんまり参考にならない』と、僕個人的には思います。

理由ももちろんあります。

なぜなら、結局は使ってみて…

 

自分の身体にはどうなのか?

自分には合っているのか?

もっと相性のいいものがあるんじゃないのか?

 

といったように、使ってみなきゃわからいことの方が多いわけです。

実際、僕はそうしてますし、使用者によって合う合わないがあるから結果的に口コミも半々で意見が分かれるんだろうと思います。

 

合わなければ辞める。

効果がなければ辞める。

それぐらい割り切って行動しないと何も生まれないと思います。

 

話がずれましたが…

そうは言っても『口コミ』が気になる!っていう人もいると思うので、参考までに紹介しておきます。

 

リプロスキンの良い口コミ

 

といった感じで、良い口コミもありますが、当然悪い口コミもあります。

 

リプロスキンの悪い口コミ

これら良い悪い口コミから言えることとして、さっきも言ったように『人によって合う合わない』があるってことです。

だから、使ってみないとわからないっていうのはそういうことでもあります。

要は、どんな化粧品でも人間ひとりひとり『身体の構造』や『体質』が違うわけだから、万人受けするものは作ることはできないということですね。

だから、何度も言うように『使ってみないとわかんない』ってことですね。

 

リプロスキンを『7年間』使用したリアルな体験談 

最初の方でも言いましたが、僕は『リプロスキン』を中学生から使用しています。

 

僕のニキビ対策グッズの使用遍歴を以下にまとめるとこんな感じ…

  1. 小学生:プロアクティブ
  2. 中学生:プロアクティブ+リプロスキン+その他たくさん
  3. 高校生:皮膚科+リプロスキン+ビーグレン©セラム+乳酸菌サプリ+その他たくさん
  4. 大学生:リプロスキン+きらりのおめぐみ+ペアアクネクリーム+その他たくさん

といった感じで、めっちゃ色々使ってきました。

 

なんで、こんなにも色々使ってるかと言うと…

『年齢による体質の変化』や『ニキビの症状』に合わせて自分にあったものを実際に使ってみて、合う合わないを調べるためです。

で、結果的に僕は『リプロスキン』を以下のような理由で使用しています。

  1. ニキビのできにくい肌づくり
  2. ニキビが感知後の赤みの治療(色素沈着)
  3. ニキビ跡の治療

昔(ニキビが酷かった時期)は、この3点のために使っていましたが、今現在はどちらかというと①、②の目的のために使用している感じです。

 

はい。

一番気になっているであろう『疑問』

 

『結局ニキビ跡や赤み、色素沈着って良くなるの???』

 

にお答えします。

そして、この疑問の結論は『はい』です。

もちろんこれは『7年』使ってきての総合的な感想です。

しかしですね…たしかに良くはなります。

けれど『デメリット』もあり、それが以下のようなものです。

  • 酷過ぎるニキビ跡には効果が薄い
  • 継続的な使用で効果を発揮する
  • 料金が安くはない
  • 朝・晩使うと1カ月間もたない時がある

 

酷過ぎるニキビ跡には効果が薄い

フェミークリニック美容皮膚科より引用

 

例を用いて説明すると、↑上記のような画像の状態だと皮膚へのダメージが酷過ぎるため、化粧品どうこうじゃ解決できません。

専門的なレーザー治療などの処置が必要になります。

理由として『リプロスキン』自体が、使うことで直接ニキビ跡に作用し良くなるのではなく。『リプロスキン』に含まれる成分が肌の自然治癒力(ターンオーバー)を促進するため、完治しやすくなるからです。

ですので、↓下記のようなレベルの症状だと継続的な使用で良くなります。

amebaブログより引用

 

実際僕自身も、当時の写真がない(そもそもニキビ顔を写真に写したくなかった)ため比較ができませんが…

酷いニキビ跡は少しは良くなった気はしますが、完治したという程ではありません。逆に軽度にニキビ跡または赤み、色素沈着などはほぼ治りました。

 

継続的な使用で効果を発揮する

これは当たり前のことですが、短期間で完治するような『化粧品』はありません。

レーザー治療などの専門的なものでさえ、継続的な治療が必要不可欠です。

ですので…

『早く治したいのに…全然治んないじゃん!』

実際使ってみると、そう思うと思います。

いや絶対思います。

僕自身もそう思ってたので…

けれど、最低3カ月は継続的に使用してみてください。

実際僕も変化を感じだしたのは、そんくらいの時期からでした。

 

料金が安くない

ある意味これが一番のデメリットかもしれません。

なぜなら、月額約5600円するからです。

これは『学生』には難点になり得るかと…まずそもそも『中・高生』にはこんな大金払えませんので…

実際僕も中高生の時は、お母さんにお願いして買ってもらってました。

やっぱり『良いもの』を使う場合。対価として値段も高くなるのは当然です。

安くて良いものが提供できるのなら、みんな安くして売るわけですし。

 

朝・晩使うと1カ月間もたない時がある

最後のこの項目は、僕自身の問題かもしれませんが、朝・晩使ってると、ついつい使い過ぎで1カ月間もたない月もたまにあります。

量自体がそこまで多いわけじゃないので、たっぷり使う人からすると少々難点かと思います。

 

 

まとめ:現状を本気で変えたいなら『試しに使ってみる』のが一番!

最初の方でも言いました。

『ニキビが嫌すぎて死にたい』

こう思ったこと何回もあるんじゃないですか?

僕も当時、本当にどうしようもないくらい酷い時は何度思ったことか…

何としても治して普通の生活を送りたかったので、とりあえず色々試しました。

その分肌に合わないものがあった時は、逆にめちゃめちゃ悪化した時もありました。

けれど、色々使ってたら自分に合うものだって必ず出会えます。

適切な治療が見つかります。

人それぞれベストなものは違うのは当然で、この『リプロスキン』を使ったからと言って100%良くなる保証なんてのも当然ないです。

けれど、『悩んでる暇』があったらとにかく行動するべきです。

結局何であれ、自分自身を変えるためには『行動』するしかないです。

僕は過去の経験論として、こんぐらいのことしかアドバイスできませんが、この記事が誰か一人でもニキビに悩む人の手助けになり役に立てれば幸いです。

リプロスキン公式サイトはこちら↗