自己開示

サンタはいるの?いないの? 僕は昔サンタを見たことがある!

アイキャッチ画像

この記事を書こうと思う動機に、至るにあたって…

こんな面白い投稿を見つけました。

 

尚↑この投稿について、↓面白い記事をまとめられている方もいた。

 

小6がYahoo!知恵袋に投稿した「サンタさん」についての質問に対する回答がベストすぎてやばい

 

↑上記のことを踏まえ、世の中の子供たちは、【サンタさん】がいると信じている子が多いのだ。

 

ここで一つ…

 

「サンタさんはいると思う???」

 

僕は現在21歳であるが、もし…こう質問を受けたらこう答える。

 

 

 


アハハ! それも、テスト100点取ってクラスの奴に透かした顔で自慢するかのように答えます。

 

叫ぶ女
叫ぶ女
バカなのかぁぁぁーーーーーテメエ???

 

はい…バカです。

 

バカと天才は紙一重ですから。\( ‘ω’)/

 

ここで、僕が最も尊敬する人物である、【アインシュタイン】はこんな名言を残しています。

 

 

人生には2つの生き方しかない。1つはまるで奇跡など存在しないかのように生きること、そしてもう1つはすべてが奇跡であるかのように生きることだ。

 

PS.アルバート・アインシュタイン

 

みなさんはどちらの生き方をしていますか?

 

ちなみに、僕は【後者】です。

 

この世はすべて奇跡の集合体だと思っている所存ですww

まず、僕自身がこうして「今を生きていること」それだけで奇跡みたいなもんですからww

 

そんなすべてが奇跡だと思う僕は、この広い世界のどかに、リアルサンタはいると思っています。(←空飛ぶトナカイに乗ってるサンタさんのことです。)

 

 

【サンタさん】を見たことがありますか?

 

はい。

少し質問を変えてもう一度聞きますが…

 

「サンタさんを見たことはありますか?」

 

これなら、イエスと答える人が何人かいるんじゃないっすか?

僕自身もサンタクロースがいると思っている理由として、子供の時にサンタさんを見たことがあるからなんですよね。

 

そもそも【サンタさん】ってなんだ?

 

いきなりサンタはいる、いない、という記事をおっぱじめていますが、サンタさんってそもそもなんなんのか詳しくは知らないので、ちょいと調べてみました。

 

↓下記の記事が詳しくまとめられていました。

サンタクロースの由来と起源は?サンタさんが何者か調べてみた。

 

いちま
いちま
サンタさんを詳しく知りたい方は見てみてください。

 

小学生の時に僕は【サンタさん】を見てしまった。

 

この記事の胆といってもいい、僕がサンタを見たことがあることについて触れていきますが、僕は小学生低学年の時に1回だけ見たことがあります。

 

あの瞬間は…

今でも、鮮明に覚えています。

あれは夢ではなく、紛れもない事実でした。

 

こういう記事を書くとアンチが湧きやすく、科学的にありえない、それは夢だの幻覚だの思い込みだのゴチャゴチャうるさいアンチが湧きますが、そんなのはどうでもいいんです。記事の序盤でもいいましたが、【サンタさん】がこの広い世界のどこかにいたっておかしくないと思っています。【サンタさん】ってそもそも人間じゃないかもしんないですし。

 

つまり、見たという事実は変える気はないので。

 

ご了承ください。

 

どのように【サンタさん】を見たのか?

 

実際にサンタさんを見たと豪語しているので、みなさんが一番気になっているであろう…

 

「サンタさんってどんな姿してんの?」

 

を深堀していきたんですけども、実はうっすらとしか見ていなんですよ。

 

子供の頃の僕は純粋でピュアでした。

 

何で知ったのかは忘れましたが…

「サンタさんに出会ったらプレゼントをもらえない。」

「ちゃんと寝ていないと、悪い子だと思われるからプレゼンもらえない」

みたいなことを忠実に守ってました。

 

だから、サンタさんが目の前にいるという事実よりも、守らないとプレゼントがもらえないという事実の方を優先させてしまったのです。

つまり、プレゼントの方が大事、サンタはどうでもよかった感じ(笑)

 

あーーーーーほんとにバカですね。ガキんちょの時の自分…

今なら、速攻写メとってSNSに拡散してバズらせますよ。

 

だけど、当時のガキんちょの僕にとって【サンタさん】というのは、1年間の行事で最も楽しみにしていた行事でした。何がもらえるかわからない、あのドキドキ感は当時の僕には最高にエクスタシーな行事でした。

 

ですがさっきも言ったように、多少は気になるのでうっすらとは目を開けて見ていました。

 

【サンタさん】はどんな姿をしていたのか?

 

うっすらと見たということは、多少は姿を見たということ。

 

はい。

みなさんがイメージするサンタでした。

 

顔は暗いし、うっすらとしか見ていないので、白い髭を生やしたジジイなのかはわかりませんでした。けれど、赤い服を着た男だというのはわかりました。

僕は赤い服だってのが分かった時にうわーサンタだと思って、少しだけ感動しましたwww

 

ほんとに見たのは【サンタさん】だったのか?

 

こればっかしは、究極論になるため証明することは難しいです。

でも、逆に言い換えれば【見ていない】と証明するのも難しいですよね?

ボブ
ボブ
お父さんとかじゃないの??

いいえ。横で寝ていました。大きなイビキをかいて…ww

 

父だという選択肢は消えて、 僕が見たのがサンタだったのかという説明についてですが…間違いなくサンタです。

なぜなら…

 

2階の寝室の窓から入って来たので…😱😱

 

なんで? これだけでサンタと決めつけるのか?

理由は簡単です。

普通の人間には出来ないからです。

そう…【サンタさん】のような超人でないと…

 

それはさておき、当時はほんとうにビックリしました。

なんせ、急に目が覚めたと思ったら、窓をガラガラっと開けて、サンタが上半身を忍び込ませて来たのですから。

 

ちなみに、↓これが当時の現場。今は父と母と愛犬の寝室ですが、クソガキの頃は一緒に寝ていました。

当時のことを詳しく説明するならば、上半身だけ寝室に忍び込ませていて、部屋には入ってきていません。

つまり、中に浮いているということ。

つまり、空飛ぶトナカイに乗っているということ。

僕はその時、ほんとうにビックリしていて、ずっと目を閉じていました。

 

けれど、上記でも言ったように多少は気になるため、うっすらと目を開けて見ている時もあったわけで…

サンタは赤い包装紙で包まれたプレゼントを二つ(弟の分も含めて)、窓の所に置いていました。

 

まあ、そんなこんなで目を閉じていて気がついたら、朝になっていたのです。

 

【結論】サンタさんはいるのか?いないのか?

 

【結論】に入りますが、最初でも述べているように【サンタさん】はいると思っています。

ただの【夢】だと言われたら、そうなのかもしれません。

しかし、あの出来事を【夢】と片付けるには、あまりにも【リアル】で【エクスタシー】な出来事でした。

 

そもそも、僕自身【夢】はよく見ます。

 

しかし、たいていの夢は起きたらほとんど忘れています。

けれど、これまで見た夢の中で記憶に残るものはいくつかあります。でも、それは【夢】と【現実】の区別がつく夢たちです。

だけど、この【サンタさん】を見たという出来事は【夢】なのか?【現実】なのか?未だにというか…当時からわかりません。

事実として、あるのは…

 

僕は【サンタ】を見たという事実のみ。

 

これだけです。

 

後、すごいことに【サンタ】を見た夜明けの朝に、その夜に見ていたプレゼントの形、色、置いてある場所が、起きた時に確認したらほぼ同じだったのです。夢にしてはできすぎじゃないか??

 

このように、この世には理解しがたい出来事は多々起こります。

 

今回は【サンタさん】を見たことがあるということについてでしたが、僕はこれ以外にもヤベー出来事はいくつか体験したことがあります。

だから…

世の中の【サンタさん】がいると信じている子供たちに、サンタさんを見たことがある僕から伝えることがあるとしたら…

 

すべてが奇跡であるかのように生きること。

 

これを信じて生きてみたください。

 

アインシュタインが言うように、この世には2つの生き方しかないと思います。

1つはまるで奇跡など存在しないかのように生きること、そしてもう1つはすべてが奇跡であるかのように生きること。

つまり…

 

【サンタさん】はいる。

これを素直に信じて生きていれば…

僕のように【奇跡】のような体験は訪れるかもしれません。

 

それでは、この記事はここまで。

良いクリスマスを~

最近はサンタが来なくなりました~

そんじゃ、さいなら~

 

 

いちま
いちま
クリスマスケーキの予約はこちらからどうぞ↓